--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/01/01

名古屋港界隈の釣果状況

昨年の名古屋港は、タチウオが絶好調でした。

伊勢湾全体で、タチウオが湧きに湧いた状態で
例年、タチウオなど見ないポイントでも釣れるなど
一時期は、タチウオフィーバーでした。


11月程の勢いはないが、現在も釣れています。
型は、指3、4本が主体ながら5本も相変わらず出ています。

釣り方は、電気浮きの餌釣りが一番堅いでしょう。

ワインドやメタルジグ、鉄板系バイブでも十分釣果が上がります。

ルアー、浮き共にその日の当たる棚を見つけることが釣果のカギになります。

また、タチウオはご存じの通り鋭い歯で、ラインをスパッと切ってしまいます。
多少当たりが減りますが、ワイヤーハリスを使用すると安心です。

ただし、食い上げの当たりや、食いそこなった時には、
道糸がやられますので、ご注意を!

ただし、いつまで釣れるか分からないです。


シーバス、セイゴも回遊次第ですが釣れています。
大物は、やはり各河川周り。


ロックフィッシュも安定しています。
前打ちスタイルの餌釣り、ワームどちらでも
手軽に狙えます。


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。