--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/02/11

名古屋港海釣り公園の釣果状況@二月(知多堤)

寒さは相変わらず厳しく、釣果も寒い名古屋港海釣り公園です。

年中厳しい感じがする、名古屋港海釣り公園ですが、
二月は最も厳しい季節と言えます。
ぶっちゃけ、見返りは少ないのに、寒い思いして、手を汚してまでやる位なら、
雪山に行って、爽快にスキー&スノボで滑って来る方が賢いのかもしれません。

そんなことはさておき。

二月といったら、黒鯛のぶっこみ釣りでしょう!!

例年、爆釣爆釣といいますが、、
現実は、たいしたことありませんよ。

極寒の徹夜釣りが強いられのでそれ相応の覚悟と
忍耐が必要です。
10時間以上、暗く、寒く、臭い、堤防に
滞在しなければなりません。
また、常連連中の場所取りとマナーを無視した大量の竿投入という
厳しい洗礼も待ちうけています。
現在、ポツポツと釣れている状況です。
盛期になれば、一枚獲れたら上出来!!
複数取れたら大当たり!!

一晩苦行に耐えてボーズ当たり前ですが、是非とも一緒に頑張ってみましょう!!

餌は、カメジャコですよ。

ベンガルの苦行者

他は、シーバスが好釣!
朝夕マヅメに、いい人は40~50を一・二本です。

カサゴ、メバルは10cm以下の小型がメインにポツポツ。
沖目のぶっこみでは、良型のカサゴがきますが、
数は全く出ません。


カレイ、アイナメは、ぶっこみ、投げ釣りで
たまに釣れている程度です。






コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。