--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/11/19

豊浜漁港と釣り桟橋の釣りと釣果

豊浜漁港は知多半島で、一二を争う人気波止釣り場である。
半島の先端部に近く潮通しが良く釣り物が多彩である。
港も規模も大きく、ポイントの数も非常に多いが人も半端なく多い。
港内には豊浜魚広場があり、坊主を喰ってしまった釣り人は
ここで地元で取れた魚を調達するこも可能である。


豊浜漁港



新堤
ここは、車横付けが 可能で、ファミリーに最も人気があるポイントである。
豊浜漁港内で最ものんびり釣りができる場所である。
柵もあり、子供連れでも安心して釣りが出来る。
ただし、柵が若干高めで釣りづらいのは否めない。
人気は、夏、秋のサビキ釣りで、アジ、サバ狙い。
投げては、遠投でキス、チョイ投げでアイナメ、カレイ。
また捨石も投入されているのと所々テトラ帯もあるので、
探り釣りの根魚、メバルも有望。クロダイは、前打ち中心に、
テトラ周りを浮きフカセで狙う人が多い。
グレも狙える。またアオリイカのポイントでもある。


白灯堤防
テトラ帯までの つなぎの部分は、紀州釣りの一級ポイントである。
シーズン中は、ベテランの常連釣師が陣取ることが多いので、
他魚狙いの人にお薦めはできない。
テトラ帯は、前打ち、浮きフカセのクロダイ、グレ。
春、秋の根魚の探り釣りが面白い。港内側は、チョイ投げ、サビキで、
小型のメバル、アジサバ、キス、ハゼ等が手軽に楽しめる。
また全体がアオリイカの好ポイントである。
クロダイ師のいなくなる夜が狙い目。またここは、タチウオのポイントであり、
秋に回遊次第であるが、魚市場方面に向かって浮きを流すと数釣れることがある。
餌はキビナゴ。


釣桟橋
豊浜漁港で一番人気、激混みポイントです。
ここは救命具も用意され、釣公園となっている。
ただし紀州釣りは禁止である。
豊浜の中でも、潮通しは抜群で、夏~秋のサビキ釣りシーズンは
竿が隙間無く並ぶ。アジ、サバ、サッパ、コノシロ、コッパグレが釣れる。
投げでは、季節によって、キス、カレイ、アイナメが狙える。
ただし白灯堤向きは、距離が無くお薦めできない。
クロダイは、落し込みで桟橋のパイルを攻めたい。
とにかく人の多いポイントなので、平日の早朝限定のポイントか。
また、パイル周りを探れば、根魚、メバルも狙える。
カワハギも夏~秋に専用仕掛けで狙って釣れる。もちろんアオリイカも狙える。


魚市場前小突堤
小物主体 にのんびりとした釣が出来る。
サビキのアジ、サバ狙い。チョイ投げのキス、ハゼ、冬場はカレイも狙える。
夜釣りでは、小型ながらメバル、セイゴがけっこう釣れる。
常夜灯があり、その周りがポイントとなる。
また、紀州釣りでクロダイを狙う釣り人もけっこう多い。
他には、アオリイカ、タチウオも狙える。 
 

沖堤防
マイボートでの渡堤となる。両堤防とも黒鯛の実績は抜群。
グレの魚影も濃い。


※釣り人が非常に多いポイントなのでマナーを心がけトラブルに
ならないよう注意したい。


豊浜漁港の季節の狙い目


メバル、カサゴ、クロダイ、アオリイカ


クロダイ、マゴチ、グレ、サッパ、アジ、サバ、キス、ハゼ、セイゴ


クロダイ、グレ、メバル、カサゴ、セイゴ、ハゼ、アオリイカ、タチウオ


アイナメ、カサゴ、カレイ


アクセス情報
名古屋方面からは、知多半島道路:豊丘IC下車すぐを右折し豊浜方面へ、
南知多役場西を左折し、豊浜交差点を直進し突き当りを右折し
道なりに進むと新堤、左折すると魚市場(魚広場)方面へ。



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。