FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/11/09

中央堤(名古屋港)の釣りと釣果

名古屋港に浮かぶ巨大な人工島。
東は知多堤、真ん中を中央堤、西は鍋田堤と共に高潮防波堤を形成している
ポイントは、広大であり釣り物豊富である。
特に黒鯛釣師に人気があり、盛期の夏は多くの黒鯛師が
渡船に乗り込み、前打ち、落し込みで狙っている。
秋から冬の根魚も面白く、数型ともに期待大である。


中央堤



東西堤
東内、東外、先端 部に分かれる。全域が黒鯛のポイントで前打ち、
落し込み両方とも狙える。
春先は、カメジャコの前打ちが有望である。
夏の最盛期はカラス貝をメインにカニ、フジツボで狙う。
平均は35cm前後だが、40cm以上もかなりの確立で釣れる。
外側は海面から5m近くあり、幅も人一人が通るのがやっとと危険が
伴うので細心の注意が必要である。
カサゴ、メバルは堤防全域で釣れるので探り歩くと良い。
また夏場のマゴチは、ルアーもしくは、前打ち、
で狙う。餌は生きハゼがベスト。
内側は満潮時に膝あたりまで水没する。西も同様に狙える。
古くからの中央堤のメインポイントである。


東新堤
竿下位まで敷石があり、その先がかけ上がりとなっている。
干潮時は敷石は露出する。春、夏場は前打ちで黒鯛が狙える。
満潮前後で濁りがあることが条件となる。ここで特に面白いのが、
秋から春の根魚釣。昼間は脈釣りで敷石周りを探り歩くと数出る。
夜は穂先ライトの脈釣りもしくは、電気浮き釣り。
夜は、同時に、セイゴも狙える。


セル石
中央堤北側はセル 石と呼ばれるオーバーハング上の構造になっており、
黒鯛落し込みの好ポイントとなっている。
6月頃から本格化し、カラス貝一本で狙いたい。
秋は緑貝、フジツボ。
他には、秋から春にかけてメバルも有望、
ヘチもしくわ沖目を電気浮き、脈釣りで狙う。
その日の釣れる棚をいかに見つけるのかが釣果を左右する。
同時にセイゴも狙える。


南新堤東西
水深が浅く、満潮前後の夜釣りが狙い目。
秋から春にかけては、電気浮きの根魚、セイゴ狙いが有望。
根魚は底すれすれを流すのがこつ。
ここは夏場、満潮かつ濁りがある場合は、クロダイの一級ポイントとなる。
東西共に同様に狙える。足場は非常に良い。


南テトラ
全長1㎞以上に及ぶ広大なテトラ帯。
中央堤の中では新しいポイントである。
沈みテトラが沖7,8mまであり干潮時は露出する。
その先がかけ上がりとなる。
クロダイは前打ちで、満潮時は沈みテトラの上、干潮時はかけ上がりを狙う。
餌はカニ、カラス貝がメインとなる。
根魚は、テトラの穴を探り歩く。夜釣りは、満潮時が有利。
夜、根魚は沈みテトラの上へ浮いてくるので電気浮き、脈釣りで浅棚を狙うとよい。
冬場は沈みテトラが露出する干潮時の穴釣りが狙い目。
テトラは危険なのでスパイクシューズは必須である。

 極上爆釣液 600g
 
※夏場の夜釣りでは全体でクロダイが狙える。脈釣り、もしくは電気浮き釣りで、餌はストロー虫、
ミノ虫。ハリスを長くすることと、錘を軽くし自然に漂うようにするのがこつか。

中央堤では釣り人の事故が原因で現在立ち入り禁止となっている
場所が多いが、絶対に入らないようにして欲しい。
また、安全対策と して必ず救命具の着用を心がけてください。


季節の狙い目

メバル、カサゴ、セイゴクロダイ


クロダイ、マゴチ、キス、セイゴ


クロダイ、メバル、カサゴ、アイナメ、セイゴ


アイナメ、カサゴ、メバル


アクセス情報
知多堤(名古屋港海釣り公園)基部内側より中央堤へ渡船が随時運行。
詳しくは、東洋丸のホームページをご覧下さい。 
名古屋港西四区からも中央堤への渡船有り。
詳しくは、たから丸のホームページをご覧下さい。






コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。