--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/10/25

名古屋港海釣り公園の釣果状況@10月(知多堤)

最近、めっきり秋らしくなってきましたが、
釣果の方はいかがでしょうか?!

海水温も手で触って、冷たさを感じるようになり、
いよいよ秋の様相を呈してきました。

名古屋港海釣り公園も夏の釣りものから、
秋に移行しています。

あれだけ、釣れ盛った、サビキのサッパも一段落し、
散発的な群れで、散発的に釣れる程度です。

ハゼも浅場の際を離れ、沖の掛け上がりに移動しています。
ちょい投げで狙うと、15cmクラスが釣れますよ。


黒鯛の前打ち・落し込みもシーズン終了間近、
日ムラが激しいものの、まだ何とか釣れてます。
暖かい日が、数日続いて、濁りがあれば、
まだいけますよ!!!


今、一番面白いのが、夜釣りの電気浮き釣りでしょう!!

セイゴは高確率で釣れ、フッコクラスも混じります。
棚を底付近に合わせれば、カサゴ、メバル、チンタも掛かります。

最近、数は少ないですが、コショウダイやグレも顔を
見せています。


投げ釣りで、アイナメ、カレイがポツポツ上がってます。
岩虫、アオイソメの房掛けで、狙います。
ポイントは、基部~中間の内外。


根魚も夜釣りを中心に、胴付き仕掛け、電気浮き釣り、
ワームで狙うと小型主体ですが、外れはないでしょう。


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。