--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/09/03

台風明けの爆釣について考察!

ちょっと釣りをやっている釣師の方は
台風=爆釣を連想されるかたが多いと思います。

何を隠そう、私も台風が来ると思わずニヤッとしてしまうクチです^^;

ですが、あからさまに楽しげな雰囲気でいると
一般人にはひかれますので、あくまで台風の被害を
心配している様子でいるのが賢明でしょう。


台風前後は良く釣れる。

魚が荒食いする。


台風前
気圧が急激に下がり、魚は浮き袋により気圧の変化を察知し、
海が荒れる前に荒食いするという説。
これは、けっこうな確率で爆釣とまでいかなくても好釣果な
ことがあると感じます。
沖釣りなどは、大シケで危険極まりないですが、
湾奥の釣りや湖沼の釣りでは、チャンスです。

しかし、台風が近づいている中、釣りに出かける、
もしくは釣りをしている姿を白い目で見られる覚悟が必要です。


台風後
後の方に、期待を持たれる人の方が多いと思われます。
実際に、私も台風後爆釣で美味しい思いをしたことがあります。

っが、もちろん空ぶりのの時も多々ありまして、、、

美味しい思いをした時の喜びがおおきくて、ついつい毎回爆釣のように
感じてしまいますが、、、、釣行データを調べてみるとそうでも
ないようです、、^^;


いずれにしても、一般人から考えたら常軌を逸した行動に
見られるのは必須と思われます。


また、くれぐれも安全第一の最新の注意が必要です。
自己責任と言えども、多くの人に迷惑をかけることになるのは
自覚しておくべきでしょう。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。