2017/08/06

碧南海釣り公園は、サビキで釣れてます!!!

碧南海釣り公園は、温排水の影響で

年中釣り物に事欠かないポイントです。




さて、夏になってもサビキ好調です。


サッパメインに、連日爆釣しています。

サッパなら、いくらでも釣れます。

もう少し、イワシやらサバが混ざってくれると

うれしいんですが。。。。



ファミリーフィッシングに!!

釣り初心者に!!!

レッツゴー!!!


サッパといえど、酢で〆て食べると

これが絶品です。

早朝にサクッと釣って、楽しんでみてはどうでしょうか。


他には、駐車場近くの河口近くでは、

ハゼが釣れてます。

ちょい投げてゆっくり、ずる引きさせると

よいでしょう。



他に、日ムラはありますが、夜、電気浮きのセイゴ釣り。

一発大物狙いの、これまた電気浮きの黒鯛釣り。

夕涼みがてら、のんびりやってみては!!!





東海釣行記ランキング




ランキング参加しています。
ポチッとクリック、ご協力をよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村


2017/08/05

豊浜釣り桟橋の釣果状況@8月

夏真っ盛り、台風の動きが気になりますが

もっと気になるのが、釣果なのは釣り人の性。



現在、豊浜釣り桟橋では、サビキ釣り祭りが開催中です!!

今年は、GW後くらいから、安定してサバを中心に釣れています。


サバのサイズも、20cm近くなってきており、釣ってよし!

食べてよし!の状況です。

また、サバほどの安定感はありませんが

アジも釣れてます。

アジは、早朝、夕方が狙い目です。

アジを釣りたい場合は、底付近を狙ってください。

上がサバ、底がアジのパターンになることが

多いです。

日によってよく当たる仕掛けが異なります。

サビキの色、タイプも数種類用意しておくことを

おすすめします。


釣武者 爆釣キラリ シルバー

サビキ祭りで、豊浜釣り桟橋は大変混雑しています。

土日に、桟橋外側のポイントを確保するには、

午前3時に到着しても確実とは言い切れません。


他、テトラ帯では、夜を中心に黒鯛、グレ。





東海釣行記ランキング




ランキング参加しています。
ポチッとクリック、ご協力をよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

2017/01/09

武豊緑地の釣果@1月

寒さが厳しくなって、やっと冬らしくなってきました。

海水温は、例年よりも高めで推移していますが、
海の中は、冬になりつつあります。

武豊界隈の衣浦は、北西風に強いポイントが多く、
冬の釣り場として貴重です。

さて、駐車場あり、トイレあり、柵あり、のファミリーでも
安心して、釣行できるのが武豊緑地です。


夏場は、サビキでサバ、アジ、イワシ、サッパなどで
賑わいますが、現在サビキは見込みは薄いです。

ねらい目は、夜釣りのセイゴ、マダカ(フッコ)。

アオイソメを餌に、電気浮きで狙います。
浮き下は、1ヒロからはじめて、反応がなければ、
深くしていきます。
アベレージは、20~25cm前後ですが、
40オーバーも釣れます。


次は、カサゴなどの根魚釣り。
朝まづめ、夜釣りの脈釣りで狙います。
堤防の際、竿下を狙うといいでしょう。

また、やや宝くじ的な釣果になりますが、
カレイも投げ釣りで狙えます。




↓東海地方の最新の釣果情報が満載です。
東海釣行記ランキング






2016/01/09

武豊港の釣りと釣果の状況はいかに。。。。。

寒波がきそうでなかな来ない。

きてもたいしたことがない状況が続いています。

水温も平年より2・3度高いみたいで、海の中は微妙な
感じのようです。

武豊港主に武豊緑地の状況になります。

メインは、根魚です。
カサゴ、ソイ、などが安定して釣れています。

朝マヅメもしくは夜釣りです。

前打ちスタイルで竿下を狙うか、
へチ釣りスタイルで際を狙うか。

餌は、アオイソメ、湖エビなど。

アイナメは、釣れたらラッキーと
いった状況です。

投げ釣り、ぶっこみ釣りではカレイが
狙えますが。
単発でこれまた、釣れたらラッキー程度で
狙うといいでしょう。

「間違いなく釣れる」を実現するシーバスヒット10倍の鉄則 [ 泉裕文 ]

また、港内各所で、夜釣りでセイゴ。

小型20㎝以下が多いが、30㎝以上も時折
混ざるので、侮れません。

餌は、アオイソメ。

東海地方の最新釣果が載っています。
東海釣行記ランキング



ランキング本気で参加しています!
2016/01/07

三河湾の釣果状況

三河湾全体で例年通り厳しい状況となってきています。

元々閉鎖的な海域で釣り物が少ないこともありますが、
冬のこの時期は、特に厳しさが増します。

狙い目は、根魚とセイゴ。

根魚は、各漁港のテトラ帯、敷石といった
ポイントをタイトに探る必要があります。
しかけは、ブラクリがベスト。
カサゴ、ソイ、タケノコメバルなどが釣れるが、
小型が中心になります。

ワームでも狙えます。

場所は、松島近辺、片原近辺の各漁港など。


好釣果を狙うなら、渥美半島エリアを夜釣りで
攻めましょう。



アイナメを狙うなら、佐久島に渡って
本格的に狙うといいでしょう。
堤防、釣り桟橋から前打ちスタイル、ブラクリ。
ぶっこみ釣りなど。


メバルなら、三河湾でも渥美半島エリアに入ると
数・肩とも期待できます。
もちろん、メバリングもOK。


カレイは、ぶっこみで小型主体に釣れる程度。


セイゴは、電気浮き釣りで狙いますが
マダカサイズはなかなか出ないと思われます。
蒲郡近辺の埠頭、竹島辺りが有望です。


↓最新の釣果情報をちぇっくできます。↓
東海釣行記ランキング


ランキング真剣に参加しています。
どうかクリックよろしくお願いします。