2009/09/02

チニングの釣り方@チヌのポッパー&ペンシルベイト

最近流行のチニングの紹介します。
チニングとは、黒鯛(チヌ)のルアー釣りのことですが、
いまいち私はこのネーミングが好きになれません。

ルアー釣りとなると何故に何でもかんでも横文字にするのでしょうか……?

チニングは、チヌをトップで狙う、ポッパー、ペンシルベイトの釣り、
Mリグ、Oリグに分けるられます。

チニングのタックル
チニングのタックル

ロッド :チニングトップ専用ロッド 7~8フィート
リール :2500~3000番
ライン :PE 0.6~1.0号 リーダー フロロ 1.5~3号
ルアー :チヌ用ポッパー チヌ用ペンシル

黒鯛(チヌ)は、カラス貝、カニ、シャコ、イソメの他に
小魚(特に鰯)を好んで捕食します。

雑食の王様ですね。この小魚を模して釣るのがチニングのトップゲームです。


ポイントは、河口部が最適です。かけ上がり、橋脚周り、
テトラ、石積み帯、など変化のあるポイントを重点的に攻めます。

港湾部のバースや、柱、テトラなども好ポイントですが、
餌釣りの落し込みや前打ちの邪魔にならないようにするのも
礼儀・マナーだと思います。

チニングの釣り方
1.ルアーの投入地点は、少し遠めにし、着水音を
  チヌに聞かれないようする。
2.アクションは、派手過ぎないことが必要。スプラッシュでチヌを寄せて、
 トゥウィッチ&ストップで食わす感じです。
※ストップは1、2秒。
3.バイトは水面を見ていいれば分かります。ガバッとチヌが出てきたら、
 鋭く竿を横向きに煽って合わせます。

チヌの口は、シーバスやブラックバスに比べて小さいので、
バイトしても乗らないことが多々あります。

チニングでは、とにかく一点に拘らず、広範囲を探ることが大切です☆


スポンサーサイト
2009/09/01

Mリグの釣り方

黒鯛(チヌの)ルアー釣りの一つ、
Mリグを紹介します。

Mリグは、黒鯛ルアー釣りの一タックル、釣法と
言えます。

黒鯛は、砂、泥底に住むシャコ類を好んで捕食します。
このシャコをルアーで模して狙うのが一般的なMリグです。

Mリグのタックル
Mリグのチヌ


ロッド :Mリグ用ロッド 7~8フィート
リール :スピニングリール2000~2500番
ライン :PE 0.6~1号 リーダー フロロ 1.2~2号
ルアー:ラパラCD7 
(フロントフックを外し、スプリットシンカーを挟み、リアフックをダブルフックに交換)

黒鯛は季節によって好む餌が変化します。
Mリグの好期は、黒鯛がシャコを好んで捕食する
春です。

春先に黒鯛は産卵のため浅場に接岸し(のっ込み)、
活発にシャコ類やイソメ類を食べます。
黒鯛の定番餌とされる、蟹やカラス貝、フジツボなどの
硬い餌はどちらかというと夏~秋の餌なのです。

特に、河口や干潟など、砂泥底が広がるポイントが最高です。
また、こういったポイントは広大であったり、地形の変化が
読みづらいのが常です。
そこで、ルアーで手返し良く広範囲を探るのは
大変理に適った釣法と言えます。

釣り方
1.かけ上がりや潮通しの良さそうなポイントへルアーをキャスト
2.底まで沈めます。
3.底(ボトム)をゴリゴリするように、ボトムをキープしながらズル引きします。
4.当たりは、コツコツと前当たりが来るので、リトリーブ速度を緩めて
  黒鯛が乗るのを待ちます。
5.黒鯛の重みを感じたら、合わせを入れて取り込みます。

基本はただ巻きですが、ストップ&ゴーやここぞという所で
トゥウィッチを入れるのも効果的です。

シャコが地面を這うイメージを持つことが大切です。

また、夏場の河口は黒鯛よりもキビレ(キチヌ)のMリグが
熱くなります。


2009/08/24

ライトショアジギングの釣り方@ワカシ、ツバス、イナダ、サワラ、ソウダ

ライトショアジギングの釣り方を紹介します。

サーフや堤防からメタルジグをフルキャストして
高速で巻いて、小型の青物を狙う釣りです。

対象魚は、ワカシ(ツバス)、イナダ、サワラ、ソウダカツオ、シオ(ショゴ)
ヒラソウダ、サバ(ゴマサバ)、などです。

ポイントは、外洋に面した潮通しの良いサーフ、堤防、テトラ、
ゴロタ浜、磯です。

時期は青物系の回遊魚が浅場に回ってくる
初夏~秋にかけてです。

タックル
青物のライトジギングのタックル

ロッド : ジギング用キャスティングロッド 9~11フィート
リール : スピニングリール 3000~4000番
ライン : PE 1.5~2号 リーダー ナイロン4~8号 (16~30ポンド) 2~3m
ルアー : メタルジグ30~60g


青物の釣果は回遊次第なので最新の
釣果情報(回遊状況)を知ることが重要です。

また、ポイントはナブラを見つけること
小魚が水面で跳ねたり、泳ぎ回って海水面が
ざわつくことです。

ナブラができやすい場所は、海底に変化があったり
潮目や離岸流のある小魚が付きやすいところが多いです。

釣り方
1.目標に向かってフルキャストします。
2.中層~底まで沈めます。
3.高速でリトリーブします。(できる限り速く)
4.ただ巻きで反応が悪いようなら、ジャークやトゥウィッチを入れ
  高速で巻きます。

こなん速さに食いつくのか??と思うくらい
高速でリトリーブします。
高速リトリーブ中にアクションを入れるのは
相当な重労働になりますがここは頑張るしかありません。

広範囲を探ることが釣果に繋がりますので
ロングキャストできるようにすることが必須です。
上述したタックルで、最低70mは投げたいですね。


2009/08/23

サーフのヒラメの釣り方@ルアー

サーフのルアーヒラメ釣りの紹介をします。

今やソルトウォーターの人気ターゲットの
一つになったヒラメです。

外洋に面した浜が主なターゲットになります。

タックル
ヒラメのタックル

ロッド : サーフ用ルアーロッド 8~11フィート
リール:スピニング2500~3000
ライン :PE 0.8~1.5号 リーダー : フロロ 2.5~4号(10~16ポンド)

サーフでの釣りはポイントが絞りにくですが、
駆け上がりや沈み根があったり、離岸流、潮目になっている
ポイントはヒラメの餌となる小魚の寄りが良く好ポイントになります。

ヒラメは驚くような浅場で釣れることもあります。
最初は立ち込まず浅場まできっちりルアーを通します。

ヒラメはその姿から底付近にずっといるように
思われがちですが、捕食モードに入っていれば
水面直下まで小魚を追いかけます。

釣り方
1.ルアーはフローティングミノーが中心になります。

2.反応がない場合は、シンキングミノー、シンキングペンシル
  バイブレーション、ワームのジグヘッドなどで探ります。

3.ただ巻き、トゥウィッチ、ジャーク、ストップ&ゴーなど
 色々試します。(どのアクションがいいとは一概に言えません)

4.サーフでは遠投有利です。広範囲を探るようにします。


※ただ巻きが基本になります。速度は人間が歩くくらいですか。
※ワームは底付近をずる引き、ボトムハンプ(リフト&フォール)で攻めます。

当たりがあったら、巻く速度を少し落とし、ヒラメが乗るの待ちます。
ヒラメの重量を感じたら合わせを入れてやります。



2009/08/22

マゴチのルアー・ワームの釣り方

マゴチのルアー釣りを紹介します。

10年ほど前からのソルトウォーターブームにより
マゴチもすっかりルアーで釣りの対象魚として
定着した感があります。

マゴチは、泥砂底を好み、河口や湾奥、サーフなどに
生息しています。
底近辺で小魚を待ち構えていることが多いのです。

タックル
メバリングのタックル

ロッド : ルアーロッド7~10フィート(ボトム用)
リール : スピニングリール 2500~3000番
ライン : 道糸 PE 0.6~1号 リーダー フロロ 2~4号(8~16ポンド)
ルアー : ミノー シンキングペンシル ワーム(ジグヘッド、ダウンショット)

マゴチのシーズンは、6月~9月。
初夏(梅雨明け前後)~真夏が最盛期です。

釣り方
基本は、ワームになりますが、サーフのようにポイントが広大な
場合は、シンキング系のミノーで手早く広範囲を探るのが効果的です。

ポイントは、浅場に続く駆け上がりになります。
マゴチは底近辺にいることが多いので、
ボトムの釣りが主体です。

ワームのアクションは、ずる引きがメインになります。
ずる引きの途中で軽い根掛かりになる場所は、
沈み根があったり、かけあがりになっています。
このようなポイントで、シェイクやポトムハンプ(リフト&フォール)を入れるのも効果的です。

合わせ方
マゴチは、いったん餌に噛み付いてから、
餌を飲み込みます。
よって、前当たりにコツンときます。
次に飲み込むと竿に重みが乗ります。
ここで合わせます。

前当たりをコツンと感じたら合わせず、気持ち竿先を
送り込むようにして、マゴチが乗ったら(竿ずしっときたら)
大きく合わせを入れます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。