2017/01/11

大阪南港付近の釣果@1月

大阪湾、各所で水温が急激に下がり、
やっと冬の状況になってきました。

今年は、例年になくタチウオが釣れ続けており、
数は出ませんが、湾奥のタチウオポイントなら
大型狙いで、まだ釣れています。
朝夕まづめに時間を絞って短時間勝負がいいでしょう。

電気浮きの餌釣り、ドジョウの引きつり、ワインド、メタルジグなど


気温が下がって、面白くなってきたのが、チヌ、ハネの
エビ撒き釣りです。
チヌよりもキビレがメインになります。
水温低下により、棚が深くなる傾向があるので、
底撒機は、持っておくことをおすすめします。

最後に、カサゴのロックフィッシングも安定して
釣れています。胴付仕掛けの探り釣り。
際のズボ釣り。ワーム。なんでもOK.

餌は、アオイソメ、シラサ、サンマ・サバなどの切り身
なんでもOKです。


爆釣穴場厳選100

どの釣りでもいえますが、季節風が和らぐ日を
狙って釣行してください。
風のない朝夕まづめなら、何とかなります。

スポンサーサイト
2017/01/09

武豊緑地の釣果@1月

寒さが厳しくなって、やっと冬らしくなってきました。

海水温は、例年よりも高めで推移していますが、
海の中は、冬になりつつあります。

武豊界隈の衣浦は、北西風に強いポイントが多く、
冬の釣り場として貴重です。

さて、駐車場あり、トイレあり、柵あり、のファミリーでも
安心して、釣行できるのが武豊緑地です。


夏場は、サビキでサバ、アジ、イワシ、サッパなどで
賑わいますが、現在サビキは見込みは薄いです。

ねらい目は、夜釣りのセイゴ、マダカ(フッコ)。

アオイソメを餌に、電気浮きで狙います。
浮き下は、1ヒロからはじめて、反応がなければ、
深くしていきます。
アベレージは、20~25cm前後ですが、
40オーバーも釣れます。


次は、カサゴなどの根魚釣り。
朝まづめ、夜釣りの脈釣りで狙います。
堤防の際、竿下を狙うといいでしょう。

また、やや宝くじ的な釣果になりますが、
カレイも投げ釣りで狙えます。




↓東海地方の最新の釣果情報が満載です。
東海釣行記ランキング






2016/01/22

釣りの便利道具をいろいろ挙げてみます!

釣り人にとってあったら、便利な道具を

いろいろ紹介してみます。


まずは、ウロコ取りです。
魚を捌くと飛び散ってしまし、片付けに困るのがウロコ。

数日後に、壁にくっつているのをへこんでしまいますね。



↑このウロコ取り、ウロコをケースの中にため込んで
いくので、飛び散りません。

しかも、ケースの中に溜まるので、ポイッと捨てて片付け終了です。
ギザギザの樹脂で、できているので安全に使用できます。


次も、魚をさばく時に、重宝しているのが『ぐるぐるとって』です。

これは、棒状の道具を口から突っ込んでぐるぐる回すと
あら不思議☆ エラと内臓がスポっととれちゃいます。

アジ、サバ、などの小物が大量に釣れた時など
ほんとに助かります。




フィールで、、何かと活躍する、多機能ナイフ。

下は、人気のビクトリーノックスのリーズナブルな
ナイフです。



最新の釣果をチェック!
東海釣行記ランキング

ランキング参加しています。読んだ印にクリックお願いします。
2016/01/20

ライトワインドで狙うメバリングゲームで爆釣!!!

ワインドが登場してかなり時間が経ちましたが、

最近では、よりすれたシーバスを狙ったり、

港湾部のマイクロベイトを意識したライトワインドが

流行ってきています。

バス釣りでもそうでしたが、プレッシャーが高くなって

釣りにくくなると、何でも小さく、軽く、ライトになっていくんですね。


そこで、ライトワインドでメバリング。

メバルもワインドで釣れちゃう、ワインド特有のダートアクションで

爆釣できるんですね。



こうして、新しい釣り方を身に付けることで、幅が広がり、
メバリングにおける、安定した釣果につながりますね。

メバリングやるかたは、是非、ライトワインドを取り入れたいですね。


↓東海地方の最新の釣果情報が満載です。
東海釣行記ランキング
2016/01/19

メバリングにおけるフロートの正しい使い方

メバリングをやっていると、必ずもっと沖を攻めたい
シチュエーションに出くわします。
メバリングタックルでは、どうしてもキャスト範囲が限られてしまいます。

そんな時、お世話になるのがフロートリグですね。


また、フロートは、ロングキャスト以外にも
使い方があるようで。

そんな目からうろこのフロートリグの解説動画をどうぞ。








アジング・メバリングがある日突然上手くなる

2016/01/18

アンチョビミサイル陸式で爆釣だwwwヽ(≧∀≦)ノ

アンチョビミサイル陸式のいいところは、

他のルアーやワームのいいとこどりをしている

ところですね。




ゆっくりした沈下スピード。

ワームのようなダートアクション。

ワインドのようなセッティング不要。

など、長所がいくつも出てきます。





さらに詳しくは、動画をご覧あれ



2016/01/16

アンチョビミサイル陸式|タチウオ爆釣ルアー知っていますか?

タチウオのルアー釣りは、ワインド釣法が最も人気がありますが、

他にも、メタルジグ、鉄板系バイブなど、最近でも幅広い釣り方が

行われています。

その中でも、アンチョビミサイルを知っていますか?

ジャッカルが開発した、アンチョビミサイルはタイプがいくつかあって、

陸式は、陸ッパリ専用もでるになります。


使い方や詳しい特徴は、動画をご覧ください!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。